母の日のお花選び

 母の日といえばカーネーションが定番。 丈夫で長持ちし、美しく優しげな姿は母の日の花にぴったりです。
一般的に「健在の母には赤いカーネーション、亡くなった母には白いカーネーションを捧げる」と言われています。
ですので、ご健在のお母さんに白いカーネーションを贈るのは、なるべく避けたほうが良いかもしれません。
しかしながら最近は、花の種類や色などには、あまりこだわらなくなってきた傾向があり、実際、白いカーネーションを母の日のギフト商品として出しているお店もあるようです。
ただし、そういったことを気にされるお母さん(特に義理のお母さんに贈る場合など)には、白いカーネーションは控えた方が良いかもしれません。

 また、最近の傾向として、「贈る人が自分らしく選ぶ、お母さんの好きな花を選ぶ」という形が増えてきています。
有名フラワーギフトショップのアンケートでも、母の日に毎年プレゼントを贈る派の人でカーネーション以外の花を贈っている人は、カーネーションを贈る人の数に迫る勢いで増えているようです。

母の日ギフトに人気の花

 では、カーネーション以外で人気の花を挙げてみましょう。

バラ
 有名フラワーギフトショップのアンケートでもカーネーション以外では堂々一位。
種類が豊富で、アレンジメントも多彩、独特の華やかさやオーラをもつプレゼントの花としての地位が確立しているようです。
また、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなど保存用にしても美しいという点も人気の秘密でしょう。
ユリ
 比較的大輪の花で、華やかでありながら高い気品を兼ね備えています。
ユリだけの花束はもちろん、他の花とアレンジしてもイメージがぐっとグレードアップ。
お母さんが好きな花の上位にもランキングしています。 特別な母の日を思い出深く演出してくれる花です。
胡蝶蘭
 高価な花というイメージが強いですが、母の日のプレゼントとして人気が高いようです。
蘭は節目のお祝いによくプレゼントされる花でもあるため、ご自分の節目(独立、昇進、転職、結婚)などの折、陰で支えてくれたお母さんに感謝の気持ちをあらわしたい!そのような時にプレゼントするにはぴったりの花です。
あじさい、クレマチス
 どちらも大人の品があり、控えめでそれでいて華やかさを主張する魅力的な花です。
あじさいは母の日以降が花の旬、長い梅雨を美しい色合いで演出してくれるということで人気。

カーネーションの手入れ方法

 最後に、カーネーションの手入れ方法について簡単にご紹介します。

 切花は、水あげ、花もちともによいのでとくに問題はありません。 鉢植えは、日当たりのよい場所に置き、土表面が乾いたら水をやるようにします。 ただし、高温と湿気に弱いので、風通しがよく雨に当たらない場所で育ててください。
室内の窓辺などでは、空気の乾燥が原因でハダニが付くことがあります。 防除を心がけましょう。

肥料は春から秋にかけて、2ヶ月に1回ぐらいのペースで与えます。 生育期間中は液体肥料を使用してください。
つぼみが多くつきすぎると、ひとつひとつに栄養が行き渡らなくなってしまいます。 大きな花を数輪だけを残して、他のつぼみを間引いてやることがウマく咲かせるコツです。
以上の手入れを守って、美しいカーネーションを咲かせてください!

※ お花の人気度、手入れ方法については、イイハナ・ドットコムを参考にさせていただきました。

* 母の日のプレゼントを探す