母の日に贈る義理の母へプレゼント

 「母の日、義理の母へ何を贈ったら喜ばれるのかしら」・・・ちょっと悩みますよね。 つい悩んで先送りしてしまう方が多いようです。 喜んでもらえてポイントもアップ! そんなご主人のお母さま向けプレゼントの選び方のポイントを考えてみましょう。

確実に喜んでもらえる定番&安心ギフト

定番の赤・ピンクのカーネーション

 自分の母親ではなく、ご主人や彼のお母さまに贈る場合、確実に喜んでいただいて、自分のイメージアップもはかれるものを選びたいところ。
洋服や小物・アクセサリーは年代が違うと選ぶのもちょっと難しいし、あなたが見立てて絶対お似合い!と思っても、好みが違うとあまり喜んでもらえない心配も。 となると、やっぱりお花は便利。
お義母さまなら定番の赤やピンクのカーネーション。 彼のお母さんなら好きな花をさりげなくリサーチしておくとか、いつも着ている服などから好きな色をチェックしておくと良いかも。

自分の好みだけで選ばない! お義母さまの趣味をリサーチ

花束?アレンジメント?

 基本は赤やピンクの定番カーネーション。 でもそれにとらわれず、お義母さまの普段のお洋服や生活から、好みの花や色がだいたいわかるような場合は、そのお好みに合わせて。 とはいえ故人を偲ぶ白のカーネーションなどは避けたほうが無難です。
また、差し上げるお花の状態も、お花を生けるのが好きだったり、得意だったりのお母さんなら切り花の花束を。 ご自分であまり生けることのない方なら、そのまま飾れるアレンジメントなどを。

お子さんの写真も活用!

お子さんの笑顔で、お義母さまも笑顔に!

 かわいい「孫」も、喜んでもらうための大切なキーワードになります。
近くでよく行き来があるのなら育てやすい鉢植えを差し上げて、遊びに伺った日はあなたのお子さんにお花を見せたり触らせたり一緒に水やりなど楽しんでもらうのも。

離れて暮らしているお義母さんなら、あなたの家庭のこと、「かわいい孫」の様子などを伝えてあげるのが一番の喜び。
宅配フラワーを利用して到着日に前後して家族やお子さんの写真や近況報告を入れたハガキやカードを届けるのも嬉しい心遣いです。 お子さんの写真を入れた写真立てをお花と一緒に贈るのもいいでしょう。

早め手配で安心

今年の母の日は 5月何日?

 ゴールデンウィークでうっかりしていると、遠方のお義母さまにお届けするのに間に合わなくなって慌ててしまうこともあります。
「そうだ。今年はお義母様にもお贈りしよう」 そう思いついた日に即行動! 余裕をもって選べば、あなたのセンスのよさを感じさせる素敵なギフトも見つかります。 喜んでもらえるギフトを選んでくださいね!

こちらの記事もどうぞ義理の母には一言添えて

* 母の日のプレゼントを探す